秘密の催眠療法が気になるならクリムゾンプリズンもオススメ

「秘密の催眠療法-猥褻セラピストの手によって解放される牝の性…-」が気になるならオススメ!!「クリムゾンプリズン〜イカされたら敗北、屈辱ゲームに参加させられた女たち〜」

↓↓すぐに読んでみるならタップ↓↓

 

クリムゾンプリズン〜イカされたら敗北、屈辱ゲームに参加させられた女たち〜のあらすじ

「秘密の催眠療法-猥褻セラピストの手によって解放される牝の性…-」と同じように抵抗できない状況で女性が激しく犯されてイキまくるというストーリーの作品「クリムゾンプリズン〜イカされたら敗北、屈辱ゲームに参加させられた女たち〜」です。

 

意識を取り戻した人気の美人女子アナウンサー・悠里ともかは、見覚えのない場所で拘束され体の自由を奪われていた。

 

ともかは女友達2人とレストランで食事をしていたはずだった。
気が置けない友達との楽しいおしゃべりに夢中になっていると、いつの間にか意識が遠のいていた。
どうやらレストランで出された料理に睡眠薬が混ぜられていたらしい。

 

突然、スポットライトを浴びた不気味な女がしゃべりだした。
「本日も始まりました!!今回のチャレンジャーはこの3人」

 

ともかと友人のお嬢様タレント・二階堂サラ、女格闘家・泉マヤは、ごく限られたVIPだけが視聴することができる秘密のTVショー「エクスタシーSHOW」に強制的に出場させられることになってしまったのだ!!
体を拘束されて敏感な部分を責められ、タイムリミット内にイクことを我慢できれば3人一緒に解放されるという。

 

私がみんなを解放してあげる、と果敢にもともかが挑んだゲームは「くすぐりガマンゲーム」。
そんなの楽勝よ、とたかをくくっていたともかだったが、「何これ、めちゃくちゃ敏感になってる!イッちゃう…!」とあえなく敗北。

 

敗北者を待っているのは、チ○コをギンギンにさせた屈強な男たちによる恥辱の罰ゲームだった!!

 

クリムゾンプリズン〜イカされたら敗北、屈辱ゲームに参加させられた女たち〜の感想

「秘密の催眠療法-猥褻セラピストの手によって解放される牝の性…-」の作者・REDLIGHTさんを上回るほどの人気とヒット作の多さで知られるエロ電子コミックの女王・クリムゾンさんの作品です。

 

設定としてはヒット作品「THEエクスタシーSHOW-屈辱の罰ゲーム-」の世界を踏襲しています。
今回のゲームの挑戦者となる女の子は前回と違いますが、ほかのクリムゾン作品に登場しているファンにはおなじみの女の子です。

 

そんな女子アナ・お嬢様・格闘家という異なるタイプの女の子が、「イヤなのに…イッちやう…ビクビクビクッ」というほぼお約束ともいえるパターンで辱められてしまいます。
ファンの期待を裏切らない、まさに安心のクリムゾンクオリティで興奮させられますよ。

 

もちろん、クリムゾンファン以外の方にも安心してオススメできるエロさです。

 

 

↓↓すぐに読んでみるならタップ↓↓